So-net無料ブログ作成

全体修養会

9月30日の礼拝後、全体修養会が行われました。


何をするのかと言いますと、教会員の勉強会みたいなものです。


今回は礼拝における様々な式の意味についての勉強でした。


例えば礼拝の最初に歌うのが「讃詠」で最後に歌うのが「頌栄」であるのはなぜか。


他の教会に行けばどちらも頌栄であるとか、様々な意見が出ました。


また、一番最後に牧師が行う「祝福と派遣」について、神から祝福を受け


受けたらすぐにそれぞれの生活の場へと派遣されるということで、


普段何気なく経験している礼拝には、意識しなければいけない面がたくさんあることを


知りました。


syuyoukai.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。